使わないと損!iOS純正のリマインダーアプリの使い方

どうも、楓です。

この記事ではApple純正アプリのリマインダーを紹介したいと思います。

  • 存在は知っているけど、使い方がわからない
  • リマインダーでどんな事ができるか知りたい

という人はぜひ読んでほしいです。

リマインド「思い出させる」の意味の通り、自分がやるべきことを通知して思い出させてくれるアプリです。

とても便利なアプリなのに、iPhoneを持っていても使っていない人が多いので、すごくもったいないです。

ぜひこの記事を読んでリマインダーを使いこなしてください。

スポンサーリンク

リマインダーの使い方

楓

リマインダーは通知付きのTODOリストのようなものだよ!

リマインダーでは大きく2つのことができます。

  • 指定の時間になったら通知をする
  • 指定の場所に近づく、場所から離れると通知をする

まずはリマインダーの基本的な使い方を紹介します。

リストの追加

では実際にリマインダーを使ってみましょう。

アプリを起動すると「今日やること」「フラグ付き」のように、作成したタスクが割り振られる画面が表示されます。

マイリストは自分でグループを作れます。

たとえば「買い物」というふうに作って、買わないといけないものをタスクとして登録していきます。

マイリスト追加方法
  1. リストを追加をタップ
  2. 名称、アイコンなどを入力し完了をタップ

タスクの追加

次はタスクを追加しましょう。

今回は買い物のタスクを追加したいので、マイリストの「買い物」をタップします。

実際に購入しないといけないものなどを追加しておくような使い方をします。

タスクの追加
  1. タスクを追加したいマイリストをタップ
  2. 新規リマインダーをタップ
  3. 名称を入力し完了をタップ

指定時間に通知するタスクの使い方

タスクを追加するときに、「i」ボタンをタップするとタスクをカスタマイズできます。

ここで「指定時間に通知」をONにし時間を設定すると、時間になればタスクの通知をしてくれます。

毎週やるべきタスクなどは「繰り返し」も設定しておくと、タスクの登録の手間も省けるので便利です。

指定の場所に着いたら離れたら通知するタスクの使い方

タスクをカスタマイズする際に、指定場所で通知をタップし場所を設定すると、その場所についたら通知をするや、その場所から離れたら通知をするというようなタスクにカスタマイズできます。

私がよく使うのは、今度ドラッグストアに行ったらシャンプーを買わないととか、そういう使い方をしています。

まとめ

Apple純正アプリのリマインダーを紹介しました。

普段このアプリを買物でよく使うのですが、買い忘れがなくなったり、やらなきゃいけないことをちゃんと終わらせられるようになりました。

使っているうちに自分なりの使い方も見えてくると思うので、ぜひ利用してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました