【レビュー】Anker PowerCore Fusion 5000|持ち運びに便利でコンセント付きのモバイルバッテリー

ガジェット
  • Anker PowerCore Fusion 5000は買うべき?
  • 持ち運びに便利なモバイルバッテリーがほしい
  • 充電コード類を増やしたくない

Anker PowerCore Fusion 5000は通勤やちょっとした外出に持ち歩くモバイルバッテリーとしては、とてもオススメです!

理由としては

  • コンパクトで邪魔にならない
  • iPhoneを約2回充電できる
  • 充電器としても使える

今回はこのモバイルバッテリーを3年ほど使って、良かったところや悪かったところなど紹介しようと思います。

スポンサーリンク

Anker PowerCore Fusion 5000のメリット

楓

このモバイルバッテリーのいいところを紹介するよ!

  • コンセントプラグ付きなので充電が便利!
  • 充電器としても使える
  • 小さいので持ち運びに便利!
  • iPhoneを約2回充電できる

それぞれ詳しく解説します。

コンセントプラグ付きなので充電が便利

モバイルバッテリー本体にコンセントプラグが付いているので、これ本体だけでバッテリー本体を充電できます。

他のモバイルバッテリーだとモバイルバッテリーを充電するケーブルをコンセントに挿して充電するのですが、その必要がありません。

「充電用ケーブルどこだっけ?」

と探したりしていたんですが、それがなくなりました。

他にも旅行などのときも、バッテリー充電用ケーブルを持っていかなくて良いので、荷物が減ります。

楓

ケーブルがごちゃごちゃしないのでスッキリします。

充電器としても使える

このモバイルバッテリーは充電器としても使えます。

本体をコンセントに挿した状態でスマホなどを充電できるので、充電器を持ち歩く必要がありません。

また2台同時に充電できるので、コンセント一つで2台のスマホを充電する事もできます。

小さいので持ち運びに便利!

モバイルバッテリーのサイズはiPhone8の半分ぐらいで、手のひらサイズです。

厚みは当然ありますが、そこまで重くもありません。

自分は通勤や遊びに行くときにカバンに入れていますが、邪魔になりません。

iPhoneを約2回充電できる

充電回数はiPhoneを2回ほどフルで充電できるぐらいです。

通勤や遊びなどの外出だと十分ではないでしょうか?

長い間充電できない場合や、もう少し充電できる回数が欲しい場合などは、同じAnkerの以下の製品がおすすめです。

Anker PowerCore Fusion 5000のデメリット

楓

値段が2899円とちょっと高いかな?

  • 容量が少ないのに少し値段が高い

デメリットはあまりないんですが、しいていうと値段が少し高いことぐらいです。

例えば同じAnkerのPowerCore 10000は、容量が2倍なのに値段はFusion 5000よりも安い2799円です。

容量以外の違いが当然あって、プラグがついてない、USBポートが1つしかないという理由があります。

もしプラグはいらない、2第同時に充電することはないという人はPowerCore 10000の方がオススメです。

【モバイルバッテリー】Anker PowerCore Fusion 5000レビューのまとめ

Anker PowerCore Fusion 5000をレビューしました。

やはり充電用のコードがいらないのはすごく便利です。

モバイルバッテリーはとりあえずこれを買っておけば、失敗はないんじゃないかと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました